トップページ > 岐阜市女性センター > お知らせ > 所長つうしん の記事一覧

岐阜市女性センター - お知らせ

所長つうしんの記事一覧

⓮「所長つうしん」・・・ 2018年、始動!

所長つうしん 2018年1月 4日

2018年、始動!

 新年明けましておめでとうございます。
 今年も引き続き「所長つうしん」を書き続けてまいりますので、私の“ひとり言”にどうぞお付き合いください。

 岐阜市女性センターが、JR岐阜駅東隣にあるハートフルスクエアーGの2階にあることは、以前からお伝えしてまいりました。岐阜市における「男女共同参画(だんじょきょうどうさんかく)社会を実現するための拠点施設」です。

 国は、男女共同参画社会の実現を「21世紀の我が国社会を決定する最重要課題」と位置づけ、社会のあらゆる分野において、男女共同参画社会の形成を図っていくことを進めています。
「その人らしく伸びやかに生きる」「性別にかかわりなく、個性と能力を発揮し、責任を分かち合いながらともに歩む」社会をめざしているのです。
 また2年前に「女性活躍推進法」が施行されたこともあり、一層、「女性の活躍」推進に力を入れています。

 岐阜市女性センターにおきましても、引き続き様々な関連セミナーを開催してまいりますので、どうぞお見逃しなく…。

 さて、1月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)の4日間、毎年恒例の『ハートフルフェスタ2018』を開催いたします。→ 詳細は、コチラ!
 ハートフルスクエアーGは、平成14年1月26日に開館いたしましたので、今年で16年になります。
 市立精華中学校きずな学級の皆さんが作成された、高さ280cmの「信長像」が正面玄関で皆様方をお出迎えいたします。クイズに参加して素敵なプレゼントもゲットしてください。  

 どうぞお気軽にお越しください。お待ちしています!!

                        岐阜市女性センター所長 寺松みどり

①KIZUNA信長像.gif

   (KIZUNA信長像)
               

                     

  

                   

                                

⓭「所長つうしん」・・・ GIFT FROM THE SEA

所長つうしん 2017年12月11日

GIFT  FROM  THE  SEA

 私がしばしば読む本のタイトルです。
 『海からの贈物』と訳されています。

 著者であるアン・モロウ・リンドバーグ(1906-2001)は、大西洋横断飛行を初めて成し遂げたあのチャールズ・リンドバーグの妻です。夫妻揃って優れたパイロットだったそうですが、この本の中では、そのパイロットとしての経歴には何も触れず、20世紀のアメリカに暮らす普通の女性としての思索の跡が書かれています。
 著者は、夫や子どもと少しのあいだ離れ、フロリダの海辺の小さな家で休暇を過ごし、その滞在中か直後ぐらいにこの本を書きました。
 砂浜で見つけた貝殻をモチーフに、「人生」「夫とのかかわり」「人と人との関係」「独りの時間」「現代の女性の生き方」といったものについて語っています。

 彼女が生きた時代背景として、ちょうど1960年後半以降に第2波フェミニズムがありました。
 これは、アメリカの白人中流階級の女性の中から生まれたものです。彼女たちは、戦後再び女性を囲い込んだ家庭という「私領域」で起こる諸問題が、社会における男女の不平等な権力関係と密接にかかわっていることを看破し、制度や意識の見直しを行っていったと聞き及んでいます。
 アン自身も当然、その渦中にあって様々なことを思い考えたであろうことは想像できます。

 さらに、訳者の吉田健一氏はあとがきの一部で、「現代社会とか、世界平和とかいう大きな問題がいかに我々の生活と密接に結び付いているかを本書は示しているばかりでなくて、そういうものが凡て我々の生活を出発点にしているという我々が忘れ易い事実を、著者が瞬時も見逃さないことが、この『海からの贈物』にこれだけの説得力を与えているものと思われる」と述べています。

 この本が書かれたのは1950年頃で、もう今から65年以上前のこと。著者の語りからうかがえる当時の時代背景(アメリカ)は、私の目から見ると、現代の日本と少し似ているところがあるようにもみえます。
 *個人が解放されて生活の自由度は上がったものの、生活は雑然としている
 *みんながそれぞれに忙しく、自分と語り合う時間を持てていない 
 *多くの人が疲弊し過度に孤独を恐れている     など

この本の中では、
 *生活をできるかぎりシンプルに保つこと
 *人と一緒にいる時間と独りで何かをする時間とのバランスが大切
 *自分の頭で考えること
 *ときには何も考えないこと            など

といったことが書かれていて、「人生をよりよくしてくれるカギかな」と思えるような箇所があり、「そうそう、それそれ!」と頷いてしまいます。
 共感したり感心したり、面白く読める本ですので、私からのオススメ本の一冊です。

 なお、ハートフルスクエアーG2階にある岐阜市女性センターの図書コーナーには、主に女性にかかわる選りすぐりの本があり、貸出しもしておりますので、是非お立ち寄りいただけると嬉しいです。 
 ※詳細はコチラ…図書・DVD 

 

 さて、あっという間に師走となりました。
 拙筆でしたが、「所長つうしん」を1年間で13回掲載することができました。
 また皆様方にとって、平成29年はどのような年になりましたでしょうか。
 岐阜市女性センターは12月29日(金)~1月3日
(水)まで年末年始休みとなります。

 1年間ご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
 どうぞ良い新年をお迎えください。

                   岐阜市女性センター所長 寺松みどり

 

yjimageWCJO62KA.jpg 参考: GIFT FROM THE SEA/Anne Morrow Lindbergh/吉田健一訳/新潮文庫/1955年
                   問題キーワード111/矢澤澄子監修/(財)横浜市女性協会/2001年
               

                     

  

                   

                                

⓬「所長つうしん」・・・ 私の好きな"もの" 私の好きな"ことば"

所長つうしん 2017年11月28日

私の好きな “もの” 私の好きな “ことば”

 私の好きな “もの”…
 風が吹く日も 雨が降る日も好き
 なかでも雨が 降り出す瞬間が一番好き
 雨が1粒 2粒 ちょっとずつ降り出して
 おでこに ポツッと落ちた瞬間
 “あれ?”って 空を見上げるその瞬間が好き         
 そして
 私の好きな “ことば”…
 職場の友人が 真剣な眼差しで
 私の顔をのぞき込みながら
 「私に何かできることはありますか」
 と尋ねてくれる そのことばが好き

 もし、「男女共同参画」に最小単位があるのならば、
 それは、隣で一緒に働く仲間であったり、
 ともに暮らすパートナーや家族だと思います。
 「男女共同参画社会」を実現するための “はじめの一歩”は、
 人と人が互いに思いやりを持って助け合うという、
 実はとても身近な社会づくりなのだと考えます。

                      岐阜市女性センター所長 寺松 みどり  

  yjimageOLJZ8F99.jpg 

                   

                                

⓫「所長つうしん」・・・ ワーク・ライフ・バランス ー仕事に喜びを 人生に楽しみをー

所長つうしん 2017年10月 1日

ワーク・ライフ・バランス -仕事に喜びを 人生に楽しみをー

 11月23日の勤労感謝の日をはさんで、11月21日から27日の1週間を、「ワーク・ライフ・バランス週間」と言っています。

 最近、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」(以下WLBという)という言葉が頻繁に使われるようになりましたが、皆様方はお聞きになったことがありますか?
 新聞などのメディアでもよく見かけるようになりました。
 きっと関心を持った方もいらっしゃることでしょう。
 言葉はやさしいので意味するところが直感的に解りやすいのですが、まずはこの言葉が提案している内容や言われるようになった背景を正確に理解しておくことが、ご自身のWLBを考えるうえで役に立つかと思います。

 数年前の冬のことだったでしょうか。
 私はある量販店でたまたまA社の厚地のタイツを購入しました。包装を破り履く段になって驚きました。タイツを包む中台紙全部を使ってこんなことが書かれていたからです。

  ◆世界で取り組まれているWLB

WLB(仕事と生活の調和)とは、仕事優先ではなく、仕事の時間とプライベートとの調和を図る働き方のこと。1980年代後半、不況に苦しむアメリカの経済界が生産性を向上させる方策として提唱しました。プライベートな時間を大切にするには効率よく働く必要があります。また、職場の外で過ごす時間が増えることで生まれる気持ちのゆとりや幅広い経験は仕事に活かされます。実はそれがWLB本来のねらい。WLBが実現すれば、自分らしい生き方ができるようになると、今では日本をはじめ、ヨーロッパなどでも注目されています。

この文章の他に、「欧米の取り組み」として、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツで実際に取り組まれている実例が書かれていました。

 さらに、「A社は女性のよりよい生き方を応援するため、女性に役立つ情報を提供しています。…(以下略)」と書かれていました。

 10年前の平成19年12月に、福田康夫内閣総理大臣の下、『ワーク・ライフ・バランス憲章』がつくられました。この憲章では、WLBを推進するためには、個人、社会全体、個々の企業・組織が何をなすべきかを謳っています。
 人材獲得が激化する中、多様な人材を活かし競争力を強化するためにWLBが必要であるとしており、WLBは経営戦略の重要な柱、「明日への投資」であるとまとめています。またWLBは特に中小企業にとって大きな意義を持つとしています。

 ですから、さきほどのA社においては、中台紙に印刷することで、「企業の社会貢献活動」の一環として情報提供を行ったといえます。

 さてところで、当センターにおいても啓発事業として、10月14日(土)午後に「WLB講座」を行います。
 タイトルは「これで家事力UP!プロから学ぶ洗濯とアイロンの極意」です。講師はNPO法人日本洗濯ソムリエ協会 代表幹事 橋本英夫さんです。(詳細はコチラ)

 また11月12日(日)午後に『WLB講演会』を行います。
 タイトルは「教えて!両立の知恵~家事・育児モヤモヤ解消術~」です。
 講師は日経DUAL 編集長 羽生祥子さんです。(詳細はコチラ)

 ぜひ講座や講演会にお越しください。お待ち申し上げます。
 仕事に喜びを人生に楽しみを持つために、どんな自分でいたいのかを見つめ直すよい機会になるかもしれません。
 自分らしい人生をデザインするために、今できることは何かについてご一緒に考えていきましょう。
                  
                                                                 岐阜市女性センター所長 寺松 みどり

 yjimageULYEKQPW.jpg 

                                参考:ワークライフバランス  坂東眞理子・辰巳渚 編著 2008年
                                          こうして手に入れる仕事と生活の調和  社団法人全国労働基準関係団体連合会 2010年
                                          ATSUGIインフォメーション・シリーズ  アツギ株式会社  

                                                 

 

                      

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

                       

                   

                                

❿「所長つうしん」・・・ 私たちは誰でも、つねに、すでに人権問題の当事者

所長つうしん 2017年9月 1日

私たちは誰でも、つねに、すでに人権問題の当事者

人はその『瞬間』に…

 人はなぜか「自分にとって“下の者”」を作ろうとする『瞬間』があります。
 白人は、有色人種を見下すことがあります。
   男性は、女性を見下すことがあります。
 ともすると、若者は、高齢者を見下すことがあります。
 ともすると、富める者は、貧しい者を見下すことがあります。
 ともすると、学歴のある者は、学歴のない者を見下すことがあります。
 さらに、子どものいる者は、子どものいない者を可哀そうだといいます。
 ついには、キャリアを持つ女性は、専業主婦を軽くみる気配すらあります。
 不思議でなりません、同じ人間同士なのに…。

 人権の大切な視点は、「相手がどう受け止めているのか」ではないでしょうか。
 岐阜市人権啓発センターの資料では…、相手の立場に立てない理由は2つあり、1つは、相手が置かれている状況が、社会的にどのような位置であるのかという知識が十分でなかったり、偏見などによる間違った知識を持っていたりする「正しい理解」の不十分さ。もう1つは相手の立場になって考える・考えようとする経験・想像力の不十分さです、と述べています。

 もし人権という言葉が難しいのならば、違和感を持ったその『瞬間』に、真っすぐ向き合ってみることが大切ではないかと思います。
 「今、ここ」に息づいている「せめぎ合い」や「抗い」が、あちらこちらにあります。私は、できる限り『自分をあけておくこと』が必要ではないかといつも考えています。日常を“異なるもの”としてみるまなざし、“あたりまえ”を疑い、見直すところから始まるのではないかと考えます。ちょっとした違和感から、様々な社会問題を自分の中に取り込み覚醒させることができるのです。

差別そして平等…

 真の意味での「平等」とは何なのか、についてもよく考えさせられます。
 「平等」を広辞苑で引くと、「かたよりや差別がなく、すべてのものが一様で等しいこと」とあります。
 人は何かにつけて“差別”をつけようとします。差別意識は、人々の心をバラバラにします。差別から融和は決して生まれません。そして他者への愛や思いやりも生まれません。差別から生まれるのは不当な扱いだけなのです。
 それでは、「すべてのものが一様で等しいこと」があり得るとすれば、それはどのようなものなのでしょうか。
 ふと、あの有名な「平等院」を思い出し、名前の由来を調べてみました。「仏の救済が平等ということを意味し、仏の平等を光で顕します。平等院は光のお寺なのです」とありました。厳しい身分制社会の中で、貧困と差別に喘ぐ庶民に生きる力を与えるものとして、「仏の救済が平等」という宗教思想が生まれたようです。
 では、日本国憲法ではどうなのでしょうか。次のように記載されています。
 「第十四条 すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。……」とあります。
 現実社会において「平等」が意味するものは、精神面における「仏の救済」から法律上の「同等の権利」まで、種々ありそうだということが分ってきました。
 とするならば、お寺や裁判所ではなく、日常生活の人間関係において「平等」が意味するものは何なのでしょうか。
 それは、それぞれが個性と異なる価値観を持ち、一様ではない人と人が平等であるということ、つまり「それぞれの違いを認め合うこと」ではないでしょうか。
 「平等」とは「違いを認め合うこと」であると、私は信じてやみません。 

自分と常に向き合う…

 私自身が、日常生活の中で、その『瞬間』と常に闘わなければなりません。
 差別される側に立つこともありますが、逆に自分が差別意識と闘わなければならない『瞬間』もあります。これがきっと一番厳しい闘いになるのかもしれません。
 いま=ここから始めていかなければなりません。
 私たちは誰でも、つねに、そしてすでに人権問題の当事者なのです。
 誰もが個人として尊重される権利をもち、人間は皆、平等である…、その当たり前のことを認め合えるようになることが大切なのです。
 自分のことも相手のことも大切にするその「心」こそ、人権の始まりです。それぞれに〈個性をいかしながら生きていける社会〉こそ、『人権』が守られた豊かで幸せな社会といえます。

                          岐阜市女性センター所長 寺松 みどり
byoudouin.jpg      ※参考:「守ろう人権 住みよい岐阜市」№128 
                              岐阜市人権啓発センター2015年
                             「排除と差別の社会学」好井裕明 編 有斐閣選書 2009年

                                                 

 

                      

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

                       

                   

                                

❾「所長つうしん」・・・ 夏はいつもインターンシップ!!

所長つうしん 2017年8月10日

夏はいつもインターンシップ!!

 始まりました、毎年恒例の大学生によるインターンシップが…。
 8月は夏休みを使って、主に岐阜県出身の大学生が、複合施設であるハートフルスクエアーGにおいて「職業実務体験」をお1人5日間ずつされます。今年も様々な大学から8人の方が学びにいらっしゃいます。
 私は、「男女共同参画」や「岐阜市女性センターの事業内容」などを説明した後、学生さんから、イマドキの話や大学での出来事などを伺い交流し合いますので、結構楽しみながらやっています。
 性格の違いはもちろんありますが、大学のカラーも相まってか、なかなかユニークな方もいらっしゃいます。
 ですがここ7,8年前から1つだけ、全員の方が同じことをおっしゃるようになりました。
 それは、「どうしてハートフルスクエアーGにインターンシップに来られたのですか?」という私の問いに対する答えです。一人として違わず「公務員になりたいからです」とおっしゃいます。 
 開館当初の頃も、もちろん公務員を目指す方はいらっしゃいましたが、「生涯学習拠点施設としてのハートフルスクエアーGに関心があり来ました」とよくお答えいただいたものです。
 公務員人気は一層高まり狭き門だと聞き及んでいます。20歳の方々には安定した魅力的な仕事に映るようです。
 仕事を持つことは、人が自立して暮らしていくための基本と言えますが、一般的に雇用環境についての関心や知識を持つ方は決して多くはないようです。
 未来ある彼ら彼女らには、自分磨きを忘れず、ご自身の力を充分に発揮でき、生きがいのある職場で働いて欲しいと心から願っています。  

                      岐阜市女性センター所長 寺松 みどり     

yjimageFNL3KBVB.jpg                   

                                

❽ 「所長つうしん」・・・ 「ふつう」ってなに?

所長つうしん 2017年7月10日

わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう

  わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう。それをわたしたちの「ふつう」にしよう。そんなキャッチフレーズの愛知県人権啓発ポスターが、「いい言葉」「内容も具体的で分かりやすい」とネット上で話題を集めています。高齢者や障がい者、性的マイノリティなどの立場の人権問題を漫画で表現し、大橋裕之さんの絵も好評だそうです。
 7種類のポスターを作成しており、キャッチコピーが印象的でメッセージ性が高いのです。
 例えば「女性の人権問題」のテーマは「固定概念」です。
 「家事をするのはお母さん」という価値観に、「誰が決めたの?」と子どもが問うことで家族が変わります。

02k.jpg

妻:「ただいま~。仕事で遅くなっちゃった~」
夫:「も~! お腹すいたよ~」  ※ソファで新聞を読んでいる
妻:「はいはい、すぐご飯の用意するから…」
子:「お母さんが家事を全部やるって誰が決めたの?
<この日から家族に新しいルールが加わった>

※夫がキッチンで料理、子が洗濯物をたたみ、妻が片付ける姿が描かれている。

 ポスターの制作者は、「お父さんだけが悪いのではなく、お母さん自身もなんとなく“そういうもの”と思い込んでいるのがポイント。自分の中にある固定概念に気付いて、疑問を持つことから解決できるものがあるんじゃないかという思いを込めました」とコメントしています。

その「ふつう」、誰が決めたの?

 今年も昨年同様、私にとって、「人権から始まり人権と向き合い続ける年」になりそうです。
 折に触れそんなことを考えていた矢先、この愛知県人権啓発ポスターを知りました。
 私は、幼い頃「『ふつう』の子どもっぽくないね」とよく言われました。もちろん良い意味で褒められた訳ではありません。
 
「感受性が強すぎる」「自閉症気味なの?もっとお話をしなさい」「何を考えているのか分からない」、そしてついには「そんなこと、『ふつう』の子だったら考えないよ」とまで言われて落ち込み、とにかく自己否定しまくりの人生でした。
 とはいうものの、「ふつう」って、どんな子なのかイメージもつけられず、ましてや努力したくてもどうしたらよいのかも全く分かりませんでした。
 その「ふつう」って、一体全体誰が決めたのでしょう。
 私のような思いをしながら育った子どもが、意外と多いのではないでしょうか。

みんなちがって、みんないい

 金子みすゞさん(1903-1930)は、大正末期から昭和初期にかけて活躍された日本の童謡詩人です。心温まる詩を書かれる方で、ファンもたいへん多いと聞いています。
 彼女の作品の一つに『私と小鳥と鈴と』という秀逸作があります。
 その中で、彼女は、
 「…前略…
  鈴と、小鳥と、それから私 みんなちがって、みんないい」 
と謳っています。
 彼女の言っていることは、ごく当たり前のことなのに、当たり前ではないから心に響くのかもしれません。
 それぞれが、別々で、でもそれに優劣は無いことを、それぞれが、素晴らしいのだということを、これほど上手く表現した文章はないと思います。
 子どもの頃に、もしもこの詩と出会えていたら…、もしも先述した愛知県人権啓発ポスターと出会えていたら…、私の考え方や生き方はきっと変わって拡がり、もっと自分のことも周りの人のことも大切にできたような気がします。

「みんないい」 
 何かと基準を決めて競い合うこの時世です。幸せの秘訣は自分と誰かを比べないことかもしれません。
 一人ひとり、「ちがい」があるのは当たり前です。
 多様な価値観を受け入れて、お互いの個性を認め合えれば、どんなにか生きやすく楽しくなることでしょう。
 「みんないい」 この言葉を聞くと、涙が出そうになるのは私だけでしょうか。

                                岐阜市女性センター所長  寺松 みどり  

❼ 「所長つうしん」・・・ 私たちはいつも「悩み」の渦中にいる

所長つうしん 2017年6月30日

私たちはいつも「悩み」の渦中にいる

 私は、胸の奥にとてつもなく大きな石がど~んと沈み、「どうしてこんなに人生って苦しいのだろう…」と感じて、全てを放り投げたくなる瞬間がありますが、皆さま方はそんなご経験はありませんか?
 上手くコントロールできる方もいらっしゃるようですが、私の場合、器用に生きることなど土台無理な話で、心の中はいつもモヤモヤしています。

 そんなことをセンター内で話し合い、「女性の生き方・働き方大相談会」を7月9日(日)と11月3日(祝・金)に行うことにしました。(※講座・イベントの欄をご覧ください)
 まず、女性が抱え込みがちな悩みは一体全体何なのかを職員全員でリサーチしました。この大相談会では10種類の面接相談を立ち上げ、専門家から適切なアドバイスをしていただけます。

 「孤独」そして「孤立」こそタチの悪い敵のように思えます。悩みを少しでも緩和させるために、ひとりで悩まずご相談なさってみてはいかがでしょうか。
 まだ一部の相談については空きがありますので、どうぞ女性センターへ予約のお電話をください。
 なお相談事業は、「女性の生き方・働き方大相談会」以外に、定期的に面接相談と電話相談も行っていますので、毎月15日号の「広報ぎふ」をご覧ください。(※女性のための相談室)
 もちろん無料ですし、個人の秘密は
お守りします。

 貴方のお心がほんの少しでも晴れ、ご自分らしく生きていただけるよう、女性センターはこれからも応援してまいりますので、どうぞ遠慮なくご利用ください。

11-katei.jpg

                      岐阜市女性センター所長  寺松 みどり  

❻ 「所長つうしん」 男で〇、女で〇、共同作業◎。

所長つうしん 2017年6月 1日

男で〇、女で〇、共同作業で◎。

 6月23日から29日までの1週間は、「男女共同参画週間」です。
 毎年、内閣府ではキャッチフレーズを募集し、今年は、応募総数3,050点の中から選ばれました。埼玉県の男性が考えられたキャッチフレーズだそうです。 

ロゴ(430×60ピクルス).png

「男で〇マル女で〇マル共同作業で◎二重マル。」

 1999年6月23日に『男女共同参画社会基本法』が施行されて18年が経ちました。
 世界レベルで見ると、日本は今も男女格差が強く残る国ですが、老若男女すべての人が生きやすい社会を皆で築いていきたいものです。

 さて、岐阜市女性センターでは、この週間に合わせて、4つの事業を企画しましたので告知させていただきす。 まず、6月24日(土)午後から、〈講演会〉と〈交流会〉を開催します。
テーマは「ママ、おうちで起業したよ!~自分の想いをカタチにする秘策~」です。講師として神馬友子さんをお迎えします。(※講座・イベントの欄をご覧ください)
 講演会の後には、神馬さんと2人のステキなゲストをお迎えして交流会を開きます。私もコーディネーターとして登壇させていただきます。
 楽しく本音をトーク! 多様な女性の働き方に注目です。
 どちらもまだ定員に余裕がありますので応募をお待ちします。

 さらに、6月16日(金)から29日(木)まで、「ぎふの輝き人」展をハートフルスクエアーG2階及び岐阜市役所本庁舎1階で同時開催します。是非ご覧ください、これは必見ですよ!
 また、ハートフルスクエアーG1階の図書館分館内と2階の女性センター図書コーナーで「男女共同参画関連図書コーナー」を設けます。オススメ図書の展示や貸出しをしますので、お近くにおいでの際は、どうぞお立ち寄りください。

                         岐阜市女性センター 所長  寺松 みどり

 

 

 

❺ 「所長つうしん」 性の多様性について知り、理解するために...

所長つうしん 2017年5月 1日

性の多様性について知り、理解するために…

 LGBT(エル・ジー・ビー・ティ―)という言葉を知っていますか。
 ALLY(アライ)という言葉を知っていますか。

 私は英語があまり得意ではありません。ですが「男女共同参画」について学んでいくと、英語で表現される言葉が意外と多いことに気づかされます。

 さて、先ほどの「LGBT」は、4つの単語の頭文字をとって並べた言葉で、性的マイノリティ(少数者)の総称のひとつです。  
    L(レズビアン)        :女性の同性愛者
    G(ゲイ)         :男性の同性愛者
    B(バイセクシュアル) :両性愛者
    T(トランスジェンダー):「体の性」と「心の性」が一致しない状態(性同一性障害を含む)
 テレビや新聞などで取り上げられるようになり、社会的に認知度は上がってきていますが、いまだに充分に知られていません。
 そして、「ALLY」は、「同盟者」の意味の英語が語源でLGBTを支援するLGBT以外の人を指します。
 岐阜市女性センターは十数年前からアライとして、市民団体を様々なシーンで応援してきました。
 この5月27日(土)午後1時30分からの『男女共同参画講座』では、「実はきいてほしいことがあるんだけど…~LGBTってなんだろう~」をテーマに開講します。(※講座・イベントの欄をご覧下さい)
 学校や医療関係の方々にも是非ご参加いただけると嬉しいです。

 誰もが自分らしく生きられる社会、つまり「すべての人のため」の男女共同参画社会を築いていかなければならないのです。

fuji.jpg           岐阜市女性センター 所長  寺松 みどり

 

 

 

❹ 「所長つうしん」...春です! 29年度がスタート

所長つうしん 2017年4月 1日

春です! 29年度がスタート

 岐阜市女性センターは、職員みな元気に新年度を迎えました。
 男女共同参画社会の実現に向けて、市民の方々のためのセンターになれるよう頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 今年度は新しい事業が目白押しです。主に「女性の活躍応援」や「ワーク・ライフ・バランス」の推進に重点をおいて取り組んでいきます。
 具体例として、「女性の活躍応援セミナー」(5月17日~・5回連続講座)では、受講者ご自身が自分の強みを見つけて、再就職や転職に向けて、一歩を踏み出していただけるよう応援していきます。
 また「女性の生き方・働き方大相談会」は、7月9日(日)と11月3日(祝・金)に行います。 
 既存の面接相談以外に、「医師によるメンタルヘルス」「産業カウンセラーによる職場での人間関係の悩み」「弁護士によるパワハラ・セクハラ・解雇などの労働いろいろ」など10種類程度の面接相談を行い、悩み解決の糸口になれるよう専門家が一緒に考えていきます。そしてもちろん、「ワーク・ライフ・バランス講演会」「ワーク・ライフ・バランス講座」も開催します。
 センター主催の講座やイベントは、すべてホームページ上や「広報ぎふ」などでそのつどご紹介しますので、是非ご覧いただけると幸いです。                                    

sakura.jpg                        岐阜市女性センター 所長  寺松 みどり

 

 

 

 

❸ 「所長つうしん」

所長つうしん 2017年3月 1日

「てっての会」のみなさん、長年ありがとうございました!

 市民団体「てっての会」のご尽力により、平成16年からIMG_6436.jpgハートフルスクエアーG2階のこどもの部屋において、「子育て支援サロン」を始めました。
 最初の頃サロンに来てくださったお子さん達は、もう高校生になっている訳ですから、時間の速さに驚くばかりです。

 当時、サロンを立ち上げるにあたり、会員の方々の手により前年の平成15年にアンケート調査を実施されました。 
 アンケートは、10ヶ月児検診及び1歳6ヶ月児教室に訪れた保護者にその場で記入してもらうという方法で、有効回答数はなんと418人でした。
 その結果、「子どもに関する悩み」としては、第1位に「自分の時間が持てない」があり、全体の35%でした。
また「家族や自分の悩み」としては、第1位に「仕事がしたい」、第2位に「父親が育児参加をしない」、そして第3位に「いらいらする」などが上がっていました。
 これらを踏まえ、「てっての会」のみなさんは、ママたちの育児不安や孤独感を少しでも和らげてあげたい、悩み相談にのってあげたい、という願いをこめてこのサロンを始められました。

 サロンの運営だけでなく、女性センターと一緒に「親育ち講座」(1コース4回連続講座)、「子育て家族支援者養成講座」、「子育て指導者サポート事業」、「HAPPY DAY(親子イベント)」など数多くの事業を支え続けてくださいました。私どもからは、感謝、感謝の言葉のみがあるばかりです。

 「てっての会」による、ハートフルスクエアーG内での「子育て支援サロン」は、この3月で幕を下ろしますが、今後スタイルを変えながら、活動を継続されていくそうです。
 心から今までのお礼と今後の活躍にエールをお送りします!

岐阜市女性センター 所長 寺松 みどり

 

 

 

 

 

 

 

❷ 「所長つうしん」

所長つうしん 2017年1月30日

「ハートフルフェスタ2017」にお越しいただきありがとうございました            

 1月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)の4日間、『ハートフルフェスタ2017』を開催いたしました。多くの方々にご来館そしてご参加いただき心から感謝申し上げます。
 ボランティア団体や市民活動団体の発表・展示・講座などで大変賑わいました。「開館15周年記念ブース」では、15周年を記念して「15」にちなんだ遊びにチャレンジ。年齢関係なく盛り上がり楽しいイベントとなりました。

 さて、1月29日(日)午後からは、「ハートフルネットぎふ」の合同企画として、「なぜ女性の議員が必要なの?~女性参政権行使70年 今、そしてこれから~」と題して、上映会と交流会を行いました。
 「ハートフルネットぎふ」というのは、市内を中心に男女共同参画、人権、福祉などの活動をする市民団体の集まりの名称で、女性センターを支えていただいています。

 今回の合同企画のテーマからも解るように、70年前の昭和21年4月10日は、日本において、女性が初めて参政権を行使した日です。敗戦後初めての衆議院議員総選挙が行われ、約1,380万人の女性が初めて投票し、39名の女性の国会議員が誕生しました。
 そんなことをつらつら思っていたら、私の祖母は(すでに亡くなっていますが)、43歳で初めて選挙権を得たことに気づきました。

 多くの女性の力によって、今の当たり前が当たり前ではなかった時代を乗り越え、現在に至りました…。
 選挙は社会へのパスポートです。私たちは社会情勢に関心を持ち、この権利を絶対に大切にしなければなりません。

岐阜市女性センター 所長 寺松 みどり

IMG_6394.JPG

 

 

 

 

 

(写真:ハートフルネットぎふ合同企画
 「なぜ女性の議員が必要なの?」 風景)

 

 

 

 

 

 

 

 

❶ 「所長つうしん」を平成29年1月から始めます!

所長つうしん 2017年1月 1日

今年も1年間よろしくお願いいたします!             

 今年から「所長つうしん」を始めます!
 私の様々な‟つぶやき”にこれから末永くお付き合いください。            

hatoful2.jpg

 まず、岐阜市女性センターのこと。ハートフルスクエアーGの2階にあります。岐阜市における「男女共同参画(だんじょきょうどうさんかく)社会を実現するための拠点施設」です。

 国は、男女共同参画社会の実現を「21世紀の我が国社会を決定する最重要課題」と位置づけ、社会のあらゆる分野において、男女共同参画社会の形成を図っていくことを進めています。

 「その人らしく伸びやかに生きる」「性別にかかわりなく、個性と能力を発揮し、責任を分かち合いながらともに歩む」社会をめざします。だから、「自分は男女共同参画とは無関係」という人は存在しないのです。

 「所長つうしん」では、皆さまにわかりやすく「男女共同参画」についてご説明をしたり、岐阜市女性センターで開催するイベントや講座のあれこれについてお話をしてまいりますので、どうぞお楽しみに…。

 さて、1月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)の4日間、『ハートフルフェスタ2017』を開催いたします。

 ハートフルスクエアーGは、平成14年1月26日に開館いたしましたので、なんと今年で15歳になります。多くの方々にご利用いただいた感謝の気持ちを込めて、楽しいブースや素敵なプレゼントを用意してお待ちしています。どうぞお気軽にお越しください。

岐阜市女性センター 所長 寺松 みどり

岐阜市女性センター

〒500-8521
岐阜市橋本町1丁目10番地23
(JR岐阜駅東)
ハートフルスクエアーG 2階

058-268-1052
058-268-1057

アクセス >

開館時間・休館日 >