トップページ > 岐阜市生涯学習センター > 文化振興事業 > 芸術文化奨励賞 過去の受賞者 の記事一覧

岐阜市生涯学習センター - 文化振興事業

芸術文化奨励賞 過去の受賞者の記事一覧

令和3年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞者が決定しました

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2022年3月10日

公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団(理事長 後藤和弘)では、岐阜市の芸術・文化の振興に寄与することを目的として、公益財団法人ぎふしん記念財団の全面的なご協力により、芸術・文化の分野において将来の活躍が期待できる個人・団体に対し岐阜市芸術文化奨励賞を贈呈しています。
本年度におきましては4件の推薦があり、岐阜市芸術文化奨励賞選考委員会において、2名の受賞が決定いたしました。
なお、副賞につきましては、本奨励賞創設当初(平成8年度)より、岐阜信用金庫及び公益財団法人ぎふしん記念財団(理事長 髙橋征利)からのご寄附によるものであり、本年度で26回となります。
受賞者プロフィール

小見山純一さん 〔舞台芸術・ピアノ〕 39歳 岐阜市

小見山純一写真.jpgプロフィール
 1982年、羽島郡笠松町生まれ。県立岐阜高等学校、広島大学教育学部音楽文化系コース卒業。愛知県立芸術大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。
 2000年全国高等学校総合体育大会(2000年岐阜総体)大会賛歌曲最優秀賞。2002年、日本ピアノ教育連盟主催第18回ピアノオーディション全国大会入賞。2010年、第11回ローゼンストック国際ピアノコンクール奨励賞。2011年、第12回大阪国際音楽コンクール(コンチェルトオーディション部門)第3位。岐阜市内にてソロリサイタルを開催(2010年、2014年、2018年)。協奏曲のソリストとして、セントラル愛知交響楽団、岐阜県交響楽団らと共演。ソロの他、声楽や器楽の伴奏、数々の合唱団の伴奏者として活動の幅を広げる。
 8年間に渡る岐阜県の公立高校教諭を経て、現在、岐阜聖徳学園大学教育学部専任講師。岐阜県合唱連盟副理事長。
藤田和隆さん 〔舞台芸術・作曲〕 45歳 岐阜市
藤田さん写真.JPGプロフィール
 1976年、岐阜市生まれ。正眼短期大学卒業。16歳より独学で作曲を始める。
 劇団はぐるまにおいて「鹿屋の四人」「王子と乞食」「ジプシー」「三家福」等の劇中曲を作曲。2006年、美濃晴彦名義で音楽CD「岐阜の四季」を発表。岐阜市内の全小中学校・公民館、介護施設、福祉施設に1,000枚を寄贈。20207月、地元の音楽家を招き演奏会を企画する音楽活動の会「奏でる会」を発足。同年8月、「森と水の音楽会」を県民文化の森・岐阜県図書館で開催。2021年、岐阜市役所新庁舎祝賀記念曲「きんか(金華)」「ながら(長良)」を作曲。開庁日の56日にはみんなの森ぎふメディアコスモスにてコンサートを開催し、ドローンによる金華山・長良川の空撮映像とともに同曲を発表。
 作品の一部をYouTubeチャンネル「Waryu Music」にて配信中。
授与の様子
令和3年度岐阜市芸術文化奨励賞表彰式は、3月2日(水)午後3時よりグランヴェール岐山にて開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となりました。そのため、3月2日(水)に受賞者それぞれを訪問し、公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団の後藤和弘理事長より表彰状の授与及び副賞各20万円の贈呈が行なわれました。
小見山純一②.jpg 小見山純一③.jpg
藤田和隆②.jpg 藤田和隆③.jpg

令和2年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞者が決定しました

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2021年3月 9日

公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団(理事長 後藤和弘)では、岐阜市の芸術・文化の振興に寄与することを目的として、公益財団法人ぎふしん記念財団の全面的なご協力により、芸術・文化の分野において将来の活躍が期待できる個人・団体に対し岐阜市芸術文化奨励賞を贈呈しています。
本年度におきましては6件の推薦があり、岐阜市芸術文化奨励賞選考委員会において、2名の受賞が決定いたしました。
なお、副賞につきましては、本奨励賞創設当初(平成8年度)より、岐阜信用金庫及び公益財団法人ぎふしん記念財団(理事長 髙橋征利)からのご寄附によるものであり、本年度で25回となります。
受賞者プロフィール

桂川成美さん 〔美術・版画〕 46歳 岐阜市

n.k.jpgプロフィール1974年、岐阜県生まれ。愛知県立芸術大学大学院修了。2002年、日本版画協会展にて山口源新人賞・70回記念賞、山本鼎版画大賞展にて準大賞。2003年、養清堂画廊にて個展を開催、文化庁主催第36回現代美術選抜展に出品。2004年、日本版画協会展にて準会員佳作賞、高知国際版画トリエンナーレ入選。2006年、日本版画協会展にて準会員賞、クラコウ国際版画トリエンナーレ入選。2007年、 iギャラリー、樹樹画廊にて個展を開催、町田市立国際版画美術館企画展「木版画東西対決展」、CWAJ現代版画展併設展に出品。2011年、ギャラリーいまじんにて個展を開催、50CONTEMPORARY JAPANESE PRINTS(ティコティン美術館/イスラエル)に出品、高知国際版画トリエンナーレ入選。2012年、新しい地平から,2012(Galeria Prizmat/クラコウ ポーランド)に出品。2014年、岐阜現代美術館にて個展を開催。2015年、ギャラリーいまじんにて個展を開催。現在、岐阜聖徳学園大学教育学部准教授、日本版画協会会員。

katu.jpg
波多野公一さん 〔美術・書【篆刻】〕 44歳 羽島郡岐南町
kh.jpg
プロフィール
1976年、岐阜市生まれ。県立岐阜高等学校、国立東京学芸大学書道専攻卒業。2000年、日展初入選(以降12回入選)。同年、読売書法展入選(2002年・2003年 特選、2013年 奨励賞、2014年 読売新聞社賞を受賞)。2001年、謙慎書道会展入選(2004年 顧問賞、2017年梅花賞を受賞)。他各公募展に入選入賞。2001年、書の4人展「飛蓬書展」(東京芸術劇場)を開催。2018年、台日青年篆刻展(台北国父紀念館/台湾)に出品。2019年、6人展「八かく書展」(電気文化会館/名古屋市)を開催。県内では岐阜県書作家協会展、岐阜県書作展、岐阜市美術展覧会(2017年・2018年 市長賞)、ぎふ美術展(2018年 奨励賞、2019年ぎふ美術展賞)などに出品。現在、日展会友、読売書法会理事、謙慎書道会常任理事、全日本篆刻連盟理事、岐阜県書作家協会常任理事。
hata1.jpg   hata2.jpg
表彰式の様子

R2syoureisyou.jpg

令和2年度岐阜市芸術文化奨励賞表彰式が、3月8日(月)午後3時30分よりグランヴェール岐山5F孔雀の間にて開催されました。表彰状は、公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団の後藤勝弘理事長より、副賞各20万円の贈呈は、公益財団法人ぎふしん記念財団を代表し同財団の常務理事であり岐阜信用金庫専務理事の山口貴生氏より行なわれました。
写真 【前列】 左から受賞者の桂川成美さん、波多野公一さん 
   【後列】 左から後藤和弘事業団理事長、柴橋正直市長、(公財)ぎふしん記念財団 山口貴生常務理事

令和元年度 岐阜市芸術文化奨励賞受賞者が決定しました

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2020年4月15日

公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団(理事長 後藤和弘)では、岐阜市の芸術・文化の振興に寄与することを目的として、公益財団法人ぎふしん記念財団の全面的なご協力により、芸術・文化の分野において将来の活躍が期待できる個人・団体に対し岐阜市芸術文化奨励賞を贈呈しています。
本年度におきましては5件の推薦があり、岐阜市芸術文化奨励賞選考委員会において、2名の受賞が決定いたしました。
なお、副賞につきましては、本奨励賞創設当初(平成8年度)より、岐阜信用金庫及び公益財団法人ぎふしん記念財団(理事長 髙橋征利)からのご寄附によるものであり、本年度で24回となります。
受賞者プロフィール

河西 栄二さん 〔美術・陶芸〕 53歳 岐阜市

kasai.jpgプロフィール

1966年、山梨県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。1995年、新制作展(東京都美術館、2007年より国立新美術館)初入選(以後毎年出品 2003年、2006年、新作家賞。2007年、会員推挙)。2001年、那須野ヶ原国際彫刻シンポジウムin大田原2001参加。2004年、現代美術選抜展(文化庁主催)。2007年、富嶽ビエンナーレ展(静岡県立美術館)。2009年、岐阜アートフォーラム 河西栄二彫刻展(岐阜市上宮寺)。2016年、歌となる言葉とかたち(古今伝授の里フィールドミュージアム・郡上市)。2017年、現代美術の新世代展(極小美術館・池田町)。2013年、現代彫刻美術館(東京都目黒区)にて次代を担う彫刻家たち展出品(2015年、2017年、2019年)。2015年、極小美術館にて個展を開催。2015年、ギャラリーいまじん(岐阜市)にて個展を開催(2018年)。現在、岐阜大学教育学部美術教育講座教授、新制作協会会員。

K-sakuhin.jpg
松久 貴郎さん 〔舞台芸術・雅楽〕 32歳 各務原市
matuhisa.jpgプロフィール
1987年、各務原市生まれ。天理大学人間関係学科卒業。熱田神宮で楽人として奉仕する父のもと、8歳より篳篥を習い始める。篳篥を元宮内庁式部職主席楽長大窪永夫師に師事。その後、篳篥・左舞を元宮内庁式部職主席楽長池邊五郎師に師事。岐阜を拠点に名古屋、大阪、東京にて演奏活動を行う。2017年、自身の演奏団体となる[松風会]を立ち上げ、本巣市文化事業「故郷の謡 雅楽 席田」を公演。2018年、瑞穂市文化事業の公演「みずほ雅楽演奏会」をプロデュース。国外においては、米国桜植樹100年記念公演でワシントンD.C.にて雅楽師東儀秀樹氏と共演(2012年)。その他、中国やメキシコなど計6回延べ7か国の海外公演に参加。また、雅楽曲の現代アレンジを行う「トラロ会」に所属し、公演やCD収録を行う。現在、岐阜市民芸術祭邦楽部会委員、天理大学雅楽部指導コーチ、岐阜県神社雅楽会講師。
       hitiriki.jpg   matuhisa2.jpg      
授与の様子
令和元年度岐阜市芸術文化奨励賞表彰式は、3月17日(火)午後5時30分よりグランヴェール岐山3F鳳凰の間にて開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となりました。そのため、4月15日(水)に受賞者それぞれを訪問し、公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団の後藤和弘理事長より表彰状の授与及び副賞各20万円の贈呈が行なわれました。
ka-ri.jpg ma-ri.jpg

平成30年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞者が決定しました

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2019年3月 5日

公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団(理事長 中島豊之)では、岐阜市の芸術・文化の振興に寄与することを目的として、公益財団法人ぎふしん記念財団の全面的なご協力により、芸術・文化の分野において将来の活躍が期待できる個人・団体に対し岐阜市芸術文化奨励賞を贈呈しています。
本年度におきましては6件の推薦があり、岐阜市芸術文化奨励賞選考委員会において、2名の受賞が決定いたしました。
なお、副賞につきましては、本奨励賞創設当初(平成8年度)より、岐阜信用金庫及び公益財団法人ぎふしん記念財団(理事長 髙橋征利)からのご寄附によるものであり、本年度で23回となります。
受賞者プロフィール

酒井紫羊さん 〔美術・陶芸〕 39歳 岐阜市

sakai.jpg

プロフィール
1979年、岐阜市生まれ。加納高等学校美術科デザイン専攻、岐阜大学教育学部美術教育彫塑専攻卒業。印刷会社でデザイナーとして勤務後、愛知県立芸術大学美術学部陶磁専攻に進学。2007年、卒業制作にて桑原賞を受賞。愛知県立芸術大学大学院陶磁領域修了。2007年、東海伝統工芸展(奨励賞)。2008年、同展(名古屋市教育委員会賞)。2009年、日本伝統工芸展初入選(以後3回入選)。その他、日本陶芸展、陶美展、女流陶芸展などの公募展に入選。2011年、自宅のある岐阜市に築窯、独立。
日本橋三越本店、松坂屋名古屋栄店、三越名古屋栄店、ジェイアール名古屋高島屋、岐阜高島屋などの画廊でグループ展や個展を開催。2018年、重要無形文化財「無名異焼」伝承者育成研修に参加し、人間国宝伊藤赤水氏の指導を受ける。現在、椙山女学園大学非常勤講師、日本工芸会正会員。
sakai_sakuhin.jpg
傍島幹司さん 〔美術・洋画〕 59歳 関市
sobajima.jpg
プロフィール
1960年、関市生まれ。岐阜大学教育学部美術工芸学科卒業。愛知県立芸術大学大学院美術学部絵画専攻修了。1991年、第8回伊藤廉記念賞展(大賞)。1995年、白日会会員推挙。1999年、ACT大賞展(大賞)。2001年、夢はるひ絵画ビエンナーレ(奨励賞)。2002年、第37回昭和会展(昭和会賞)。三甲美術館大賞展(特別賞)。シテデザール パリにて個展開催。2006年、日動画廊本店、名古屋日動画廊にて個展開催(2009、2015)。2009年、クロスアート展(岐阜県美術館)、白日会退会。2012年、松坂屋美術画廊にて個展「リメイクとヴァリアント」を開催。2014年、写実画壇展(上野の森美術館)以後毎年出品、世界水彩画トリエンナーレ招待出品(ソウル)。2016年、DEL'ART CONTEMPLATIF三人展(L'atelier Gustave パリ)。2017年、FACE展(審査員特別賞)、ヴェロン會展(ヴェロン フランス)。2018年、加藤栄三・東一記念美術館にて個展「SWEET WOODS」を開催。現在、名古屋芸術大学大学院講師、写実画壇会員、ヴェロン會同人、関市子ども文化事業「木の造形の部」運営委員長。
sobajima_sakuhin.jpg
表彰式の様子

h30syorei.jpg

平成30年度岐阜市芸術文化奨励賞表彰式が、3月5日(火)午後5時30分よりグランヴェール岐山3F鳳凰の間にて開催されました。表彰状は、公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団の中島豊之理事長より、副賞各20万円の贈呈は、公益財団法人ぎふしん記念財団を代表して岐阜信用金庫の山口貴生常務理事より行なわれました。
写真 【前列】 左から受賞者の酒井紫羊さん、傍島幹司さん 
   【後列】 左から中島豊之事業団理事長、柴橋正直市長、岐阜信用金庫山口貴生常務理事

平成29年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞者が決定しました

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2018年3月 8日

公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団(理事長 中島豊之)では、岐阜市の芸術・文化の振興に寄与することを目的として、公益財団法人ぎふしん記念財団の全面的なご協力により、芸術・文化の分野において将来の活躍が期待できる個人・団体に対し岐阜市芸術文化奨励賞を贈呈しています。
本年度におきましては5件の推薦があり、岐阜市芸術文化奨励賞選考委員会において、1名と1団体の受賞が決定いたしました。
なお、副賞につきましては、本奨励賞創設当初(平成8年度)より、岐阜信用金庫及び公益財団法人ぎふしん記念財団(理事長 髙橋征利)からのご寄附によるものであり、本年度で22回となります。
受賞者プロフィール

柴田恭男さん 〔舞台芸術・作曲〕 56歳 岐阜市

shibata.jpg

プロフィール
1961年、岐阜市生まれ。加納高等学校音楽科(ピアノ専攻)、愛知県立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。東京(サントリーホール、白寿ホール)、大阪(フェニックスホール)、名古屋(電気文化会館コンサートホール)、岐阜(サラマンカホール、岐阜市文化センター)等で作品発表コンサートを開催。また、岐阜の民話に基づく「尾なし龍」「おくわ堤」等、創作オペラを多数作曲上演。中国・杭州市でも公演。2017年7月に「岐阜市民芸術祭30周年記念コンサート」において、オーケストラと合唱のための「長良川」を作曲初演。また、同年4月開校の徹明さくら小学校の校歌作曲。その他代表作品として交声曲「淡墨桜」、合唱曲「アヴェ・マリア~祈り」、創作オペラ「西忍池」「三野の狐」「川霧の音」等がある。鶯谷高等学校教諭、愛知県立芸術大学非常勤講師を経て現在、名古屋音楽大学、岐阜聖徳学園大学、加納高等学校各非常勤講師。愛知県立芸術大学音楽学部同窓会岐阜支部会長。岐阜市民芸術祭洋楽部会委員。
岐阜アートフォーラム 〔その他・総合文化〕 11年 岐阜市
プロフィール
2006年、金華山・権現山の歴史的地域にある上宮寺の敷地を芸術家に開放することで、地域の活性化と芸術文化を守り次世代に語り継ぐため、岐阜アートフォーラムの活動を始める。芸術家達が自ら企画・運営を行い、2017年まで「時空の住処」をテーマに美術作品展、コンサート、造形ワークショップなどの企画を実施し、11回の開催を数える。2012年、会場を東別院まで広げ、東日本大震災の被災者との交流「響きあう心」を開催。子ども達で巨大絵画を制作し、オリジナルの詩に草野次郎氏が作曲合唱。2013年、岐阜に避難している子ども達と一緒に谷汲で米や野菜、食器などすべて自分達で作る「谷汲プロジェクト・森のレストラン、上宮寺ワークショップ」を開催。2017年、23名の作家達による「命ざわざわ」を開催。また、岐阜県美術館前館長・古川秀昭氏の「宗教と美術」と題したシンポジウムも開催。現在、20名の芸術家等が在籍し、世代を超えた多くの来場者と交流のフォーラム(集まる場所)を創造している。
表彰式の様子

h29syorei.jpg

平成29年度岐阜市芸術文化奨励賞表彰式が、3月6日(火)午後5時30分よりグランヴェール岐山3F末広の間にて開催されました。表彰状は、公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団の中島豊之理事長より、副賞各20万円の贈呈は、公益財団法人ぎふしん記念財団を代表して岐阜信用金庫の山口貴生常務理事より行なわれました。
写真 【前列】 左から受賞者の柴田恭男さん、代表者の小笠原宣さん 
   【後列】 左から中島豊之事業団理事長、柴橋正直市長、岐阜信用金庫山口貴生常務理事

これまでの応募数・受賞者の状況

芸術文化奨励賞 過去の受賞者 2016年3月 2日

これまでの岐阜市芸術文化奨励賞の応募数・受賞者の状況

年度 応募総数* 受賞者 受賞者氏名
令和3年度 4(1/3/0) 2 小見山純一(ピアニスト)、藤田和隆(作曲家)
令和2年度 6(2/3/1) 2 桂川成美(版画家)、波多野公一(書家【篆刻】)
令和元年度 5(3/2/0) 2 河西栄二(彫刻家)、松久貴郎(雅楽演奏家)
平成30年度 6(2/4/0) 2 酒井紫羊(陶芸家)、傍島幹司(洋画家)
平成29年度 5(2/2/0) 2 柴田恭男(作曲家)、岐阜アートフォーラム(総合文化)
平成28年度 5(3/1/1) 2 後藤嘉津幸(能楽師)、戸部善晴(洋画家)
平成27年度 5(3/2/0) 2 濱島秀行(ヴァイオリン奏者)、山田真己(洋画家)
平成26年度 8(3/3/0) 2 粥川なつ紀(サクソフォン奏者)、馬渕英樹(グラフィックデザイナー)
平成25年度 7(2/3/0) 2 馬淵弘幸(工芸家)、岡田泰子(ハンドベル指揮者)
平成24年度 7(5/0/1) 2 宇野正志(ピアニスト)、日原暢子(箏曲家)
平成23年度 8(3/4/1) 2 山本真一(日本画家)、高田吉朗(彫刻家)
平成22年度 6(2/3/1) 2 小島勇司(作曲家)、後藤順(現代詩)
平成21年度 6(2/3/1) 2 小川満章(洋画家)、林真(日本画家)
平成20年度 7(2/4/1) 2 浅野芳信(テキスタイルデザイナー)、山田かおり(声楽家)
平成19年度 5(2/1/1) 2 野口あや子(歌人)、野々田万照(サクソフォン奏者)
平成18年度 11(4/5/2) 2 青木年広(洋画家)、後藤文明(書家)
平成17年度 7(1/4/1) 2 三木秀生(郷土文学)、今村初子(オルガン)
平成16年度 4(2/2/0) 2 奥村晃史(洋画家)、今尾圭子(箏曲家)
平成15年度 3(0/1/1) 2 古田菜穂子(文化マネジメント)、大野鵠士(連句)
平成14年度 4(2/1/1) 3 南谷具代(日本画家)、劇団ラッキー・キャッツ(演劇)、後藤薫(現代詩)
平成13年度 4(2/2/0) 3 浅野公藏(劇作家)、長谷川豊純(彫刻家)、長縄等士(洋画家)
平成12年度 5(3/0/1) 2 安田美香子(クラシックバレエ)、向井成子(現代詩)
平成11年度 7(1/3/2) 2 中風明世(洋画家)、はせひろいち(劇作家)
平成10年度 5(1/2/1) 3 稲葉徹應(洋画家)、木村友彦(日本画家)、堀野慎吉(児童文学)
平成9年度 7(3/2/1) 3 伊藤仙游(書家)、栗木京子(短歌)、朝田文子(クラリネット)
平成8年度 12(8/3/1) 3 長谷川喜久(日本画家)、あかねるつ(児童文学)、加藤るみ(ピアニスト)

注意*()カッコ内は分野別の人数(舞台芸術/美術/文芸)カッコに無いものは、その他の分野を示す。