トップページ > 埋蔵文化財調査事務所 > 岐阜市の遺跡 の記事一覧

埋蔵文化財調査事務所

岐阜市の遺跡一覧

黒野城下町遺跡・黒野城跡

場所
岐阜市黒野、岐阜市黒野388 黒野城跡公園内(黒野城跡)
主な時代
遺跡の種類
出土品
戦国時代~
江戸時代
城館・城下町
土塁・石垣・集石遺構
瓦・陶器など
報告書
『平成28年度岐阜市市内遺跡発掘調査報告書』
『平成26年度岐阜市市内遺跡発掘調査報告書』ほか

 

 


 

 

 

 
 
 

	
詳細
 黒野城下町遺跡・黒野城跡は黒野台地南部に位置しており、加藤貞泰(かとうさだやす)により築城された城下町と城郭(じょうかく)です。貞泰の父、加藤光泰(みつやす)は、豊臣秀吉に仕えて戦功を立て美濃国大垣4万石、後に甲斐国24万石を領した有力な家臣でしたが、文禄2年(1593)朝鮮の役で急死し、貞泰が家督を継ぎました。文禄3年(1594)、貞泰は美濃国黒野4万石へ転封となり、黒野城下町の整備を行ったと言われています。慶長5年(1600)関ケ原の戦いで貞泰は東軍(徳川方)に属し、慶長15年(1610)には2万石を加増され伯耆国(ほうきのくに)米子(よなご)6万石の城主となりました。貞泰の転封後、黒野は加納藩領となり、黒野城は廃城となりました。
 黒野城とその城下町が存続していたのはわずか16年ですが、この間に検地の実施や楽市制度の導入、尉殿堤(じょうどのづつみ)などの治水事業の実施などが後世に伝わっています。
 黒野城下町では現在のところ、城下町の繁栄を明らかにするような遺構(いこう)や遺物は非常に少ないですが、黒野城跡は平成25~28年度にかけて本丸土塁(どるい)や虎口(こぐち)周辺が発掘調査されています。城郭の出入り口のことを虎口(こぐち)と呼びますが、江戸時代に描かれた絵図では、黒野城西側に枡形(ますがた)の虎口が存在していますが、発掘調査では、現在では失われてしまったと思われていた虎口の土塁とその石垣が発見されました。この虎口の土塁正面には2段以上の石垣が存在していたことや虎口周辺を丹念に整地した土層の状況が明らかになりました。また、虎口周辺から瓦がたくさん出土したことから、黒野城の虎口には門のような建物があったと推測されます。ほかにも、菊丸瓦(きくまるがわら)という寺院や城郭の屋根の棟(むね)を飾るための瓦が1点出土していることも注目されます。現在、黒野城と同じ時代に築城された城郭から出土する菊丸瓦は、主に京都府や大阪府、奈良県にある豊臣秀吉ゆかりの城郭に限られているため、貞泰と秀吉の深い関係性や菊丸瓦が当時の政治の中心地から地方へ拡散していく過程を明らかにする重要な遺物です。
 黒野城跡は昭和30年12月22日市史跡として指定された後、昭和50年代には削平されていた南側の本丸土塁が復元され、現在は城址(しろあと)公園として整備されています。
 
   黒野城跡本丸       虎口土塁と石垣
 
   発掘調査風景        出土菊丸瓦
 
 

下西郷一本松遺跡

noimg.jpg

場所
岐阜市小西郷1丁目ほか
主な時代
遺跡の種類
出土品
弥生時代~
中世
集落
竪穴建物・溝・土坑・ピットなど
弥生土器・土師器・須恵器など
報告書
『下西郷一本松遺跡-西郷1号線街路事業に伴う緊急発掘調査-』
『平成28年度岐阜市市内遺跡発掘調査報告書』ほか
 
 
 
 
詳細
 下西郷一本松遺跡は、岐阜市の西側、根尾川が形成した扇状地上に立地している弥生時代中期から中世にかけて営まれた集落遺跡です。下西郷一本松遺跡がある西郷地区は、平成2~7年にかけて行われた岐阜市遺跡詳細分布調査によって古代から中世にかけての遺跡が多数あることが確認されており、平成11年度市道西郷1号線街路事業に伴って発掘調査を行いました。
 発掘調査の結果、見つかった遺構(いこう)の総数130(内訳 住居跡31、溝29、土坑9、ピット45、不明遺構16)、出土した遺物(いぶつ)の総数37,739点と、大量の弥生時代中期~古墳時代にかけての土器が出土しました。出土した遺構や遺物から、下西郷一本松遺跡は非常に長い期間遺跡として存続していたことが分かったほか、出土した土器を調べることで、岐阜市内の弥生時代中期から古墳時代までの土器の移り変わりや変化が明らかになりました。
 また、下西郷一本松遺跡では試掘調査なども多く行われており、古墳時代初頭頃の水辺の祭祀と見られる痕跡などがこれまで確認されています。
noimg.jpg noimg.jpg
   発掘調査区全景      SK1遺物出土状況
noimg.jpg noimg.jpg
    弥生土器甕       土師器宇田型甕
 
 

 

 

 
 
 

詳細

加納城跡

kanou_jyou.jpg

場所

岐阜市加納

主な時代
遺跡の種類
出土品

平安時代 集落? 灰釉陶器など
鎌倉時代 集落?
山茶碗など
戦国時代 城館
土塁・礎石など
瀬戸美濃産陶器・かわらけなど
江戸時代 城郭
石垣・堀障子・礎石など
瀬戸美濃産陶器・肥前産磁器・
漆器・瓦など

報告書

『史跡加納城跡』
『平成12・14・15年度岐阜市市内遺跡発掘調査報告書』

 

 

 

 

 

 

詳細

 天下分け目の関ヶ原合戦に勝利した徳川家康は、大坂城の豊臣氏に対するため、合戦直後、加納に城を築きます。その場所は戦国時代の城館の跡で、東・南は荒田川、北は清水川に囲まれた場所でした。さらに西には長刀堀(なぎなたぼり)を掘り、四方を川と堀で囲まれた、水に浮かぶ城を造り上げました。  
 初代城主には長女亀姫(かめひめ)の婿である奥平信昌(おくだいらのぶまさ)を任じ、10万石を与えました。その後奥平氏3代、大久保氏1代、松平(戸田)氏3代、安藤氏3代、永井氏6代といずれも譜代(ふだい)大名が城主となり、明治を迎えます。明治5年から6年にかけて、城内の建物は取り壊されてしまい、その後堀も埋められてしまいましたが、本丸周辺や二の丸の北側など石垣が残り、当時の姿を偲ぶことができます。 
 本丸は東に出っ張りを持つ、凸の字形をしています。これは出枡形(でますがた)という防御施設を、本丸の正門に設けたものです。この形は初期の徳川の城に見られる特徴で、加納城はその初現にあたることから、「加納城型」ともいわれています。  
 昭和58年本丸が国の史跡に指定されて以降、発掘調査を実施しています。平成11年度の発掘では、南門の土塁(どるい)の跡が見つかると同時に、江戸時代の加納城の下に戦国時代の城館の土塁が見つかりました。言い伝えの裏付けができた大発見といえます。平成16・17年度には、大手口北の堀から堀障子(ほりしょうじ)が見つかりました。今まで全く想定されていなかったもので、新たな事実が明らかとなっています。平成19年度には、大手口の石垣や櫓門(やぐらもん)の柱を支えた礎石(そせき)が発掘されました。石垣はこの部分だけ綺麗に平らに割った石を使っており、本丸正門の美観を意識したものと見られます。  
 現在の二の丸は北側を除き、石垣が埋められてしまっているので正確な範囲が分からなくなっています。発掘調査で、東側の石垣や厩曲輪(うまやぐるわ)との通路の石垣が見つかり、範囲が明らかになっています。また二の丸には城主が暮らす御殿がありましたが、平成12年度の発掘調査で、その一部と見られる礎石が発見されました。

加納城跡を南から望む 戦国時代の土塁

 

本丸大手北堀の堀障子 本丸大手櫓門の礎石

 

 
二の丸御殿の礎石  

 

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >