トップページ > 事業団について > 財団概要

事業団について

財団概要

名称 公益財団法人 岐阜市教育文化振興事業団
住所 岐阜市上川手735番地2(岐阜市岐陽体育館内)
代表者 理事長 中島 豊之
設立年月日 昭和63年3月23日
基本財産 10,000,000円

設立の目的

岐阜市は、市民一人ひとりが、生涯を通じて広く学び、まちの歴史や風土を大切にし、伝統的な文化を受け継ぎ発展させるとともに地域文化を創造する都市づくりを目指しています。
美しい自然環境と整った設備の中で、生涯を通じて広く学び、教養を高め、スポーツを楽しみ、個性を伸ばすことは、全ての市民の願いです。
岐阜市には、こうした市民のニーズに応えるための多くの学校、文化・体育等の教育施設があります。これら施設の管理運営に当たっては、市民の余暇時間の増大、価値観の多様化、文化・コ ミュニティ活動の活発化等に伴って多様化した利用実態に即して、柔軟にこれら多数の施設の一元的・総合的な管理と業務の簡素化・効率化を図って、市民サービスの充実を図ることが重要になってきました。

このため、これらの教育的施設のそれぞれの目的や特性に応じた管理体制の確立及び教養・文 化・体育等の専門的指導体制の充実を図り、もって心身共に健全な市民の育成と岐阜市における 教育文化の普及・振興に寄与することを目的として、財団法人岐阜市教育文化振興事業団が設立されました。

設立時の設立趣意書より

沿革

昭和63年 1月25日 (財)岐阜市教育文化振興事業団設立準備委員会及び発起人会を開催
  3月23日 岐阜県教育委員会から財団法人岐阜市教育文化振興事業団の設立許可
  4月 1日 岐阜市少年自然の家の管理運営を受託開始
  5月 5日 岐阜市少年自然の家開所
  12月 1日 岐阜市婦人会館の管理運営を受託開始
平成 元年 4月 1日 岐阜市民総合体育館、岐阜市民体育館、岐阜市華南体育館、岐阜市南部スポーツセンター(岐阜勤労者体育センター)、岐阜市北部体育館、岐阜 市東部体育館、岐阜市西部体育館、岐阜ファミリーパーク体育館、岐阜市加納市民プール、岐阜市南部市民プール、岐阜市北部市民プール、岐阜市本荘市民プー ルの管理運営を受託開始
平成 2年 6月 1日 岐阜市北西部体育館の管理運営を受託開始
  8月 1日 岐阜市北西部体育館開館
平成 3年 10月22日 岐阜市少年自然の家利用者10万人達成
平成 5年 5月 5日 岐阜市少年自然の家5周年記念式典実施
平成 6年 4月 1日 ドリームシアター岐阜の管理運営を受託開始
岐阜市民文化祭(岐阜市民芸術祭・岐阜市美術展覧会・岐阜市文芸祭)の事務局移管
  4月29日~5月 8日 (財)岐阜市教育文化振興事業団(岐阜市少年自然の家)岐阜金華ラオンズクラブ主催「国際家族年・家族の集い」写真展の開催
  5月 5日 ドリームシアター岐阜開館
平成 7年 4月 市民芸術文化・スポーツ基金による文化事業助成事業を開始
  5月25日 岐阜市少年自然の家利用者20万人達成
  10月2・3日 市民創作野外劇「信長天下をとる」の実施
平成 8年 2月21日 ドリームシアター岐阜来館者10万人達成
  4月 1日 埋蔵文化財発掘調査業務を開始
平成 9年 3月 3日 岐阜市民芸術文化奨励賞創設 表彰式
  10月 5日 ドリームシアター岐阜来館者20万人達成
平成10年 4月 1日 余熱利用施設プラザ掛洞の管理運営を受託開始
  8月1・2日 事業団設立10周年記念事業「世界人形劇場´98」の開催
(ドリームシアター岐阜)   
  9月 9日 岐阜市少年自然の家利用者30万人達成
  11月20日~22日 事業団設立10周年記念事業「岐阜市埋蔵文化財展」´98」の開催
平成11年  3月23日 事業団設立10周年記念誌を発行
  4月 1日 埋蔵文化財調査事業において、新たに市内遺跡発掘調査事業、史跡整備事業を受託
  7月22日 プラザ掛洞入場者30万人達成
平成12年 4月 1日 岐阜市青少年会館(中央青少年会館を除く)、岐阜市岐陽体育館の管理運営を受託開始 岐阜市教育研究所内岐阜地域ネットワークセンターの情報教育機器の維持管理業務及び教育用ソフトウェアの開発業務を受託開始
    埋蔵文化財調査事務所が岐阜市教育研究所内(岐阜市芥見南山3-10-1)へ移転
平成13年 4月25日 岐阜市少年自然の家利用者40万人達成
  6月 1日 岐阜市スポーツ施設予約システム利用開始
  6月 1日~30日 岐阜グラフィック和傘展の開催(アクティブG)
  9月4・5日 市民創作野外劇「信長 本能寺への道」の開催
  11月18日 プラザ掛洞入場者50万人達成
平成14年 1月 4日 事業団事務局が岐阜市婦人会館内(岐阜市明徳町10)から岐阜市岐陽体育館内(岐阜市上川手770)に移転
  1月16日~3月 3日 岐阜市芸術文化奨励賞創立5周年記念岐阜市芸術文化奨励賞受賞作品展の開催(加藤栄三・東一記念美術館)
  1月26日 岐阜市婦人会館、岐阜市民体育館閉館に伴い受託終了
岐阜市体育ルームの管理を受託開始
  4月 1日 ハートフルスクエアーG(岐阜市生涯学習センター/女性センター)の管理運営を受託開始
  5月 5日 ドリームシアター岐阜利用者50万人達成
  9月 2日 事業団ホームページ開設
  9月 7日~22日 岐阜和傘アート展の開催(アクティブGタクミミュージアム)
  9月30日 加納市民プール閉鎖に伴い受託終了
  10月 1日 華南体育館閉館に伴い受託終了
平成15年 3月31日 岐阜市南青少年会館閉館、岐阜勤労者体育センター、南部スポーツセンターへの統合に伴い受託終了
平成16年 2月 7日 プラザ掛洞リニューアルオープン
  5月 5日 ドリームシアター岐阜開館10周年記念式典の開催
  6月 8日 岐阜市少年自然の家利用者50万人達成
平成17年 7月 10年間のタイムカプセル事業の開催(岐阜県ユネスコ協会との共催)
  10月29日~30日 プラザ掛洞10周年記念イベントの開催
平成18年 2月 1日 続岐阜のつたえ話の発刊
  3月14日~4月23日 岐阜市芸術文化奨励賞設立10周年記念展の開催
(加藤栄三・東一記念美術館)
  3月31日 プラザ掛洞受託終了
  4月 1日 岐阜市少年自然の家、岐阜市体育館/岐阜市民プール、岐阜市体育ルーム、ドリームシアター岐阜、岐阜市青少年会館(中央青少年会館を除く)ハートフルスクエアーG(生涯学習/女性センター)が岐阜市より指定管理者として指定を受け、業務を開始。(平成21年3月31日まで)
  8月19日~31日 くるりんぱ展の開催(岐阜県ユネスコ協会との共催)
平成19年 9月 1日~15日 岐阜市美術展覧会60回記念 岐阜に輝く美術家たち展の開催
(じゅうろくプラザ)
平成20年 1月29日~3月 9日 岐阜をうちわに描く展の開催(加藤栄三・東一記念美術館)
平成21年 4月 1日 岐阜市少年自然の家、岐阜市体育館/岐阜市民プール、岐阜市体育ルーム、ドリームシアター岐阜、岐阜市青少年会館(中央青少年会館を除く)ハートフルスクエアーG(生涯学習/女性センター)が岐阜市より指定管理者として指定を受け、業務を開始。(平成24年3月31日まで)
平成22年 9月19日 ドリームシアター岐阜利用者100万人達成イベントの開催
平成23年 4月 1日 公益財団法人岐阜市教育文化振興事業団として事業開始
平成24年 4月 1日 岐阜市少年自然の家、岐阜市体育館/岐阜市民プール、岐阜市体育ルーム、ドリームシアター岐阜、岐阜市青少年会館(中央青少年会館を除く)ハートフルスクエアーG(生涯学習/女性センター)が岐阜市より指定管理者として指定を受け、業務を開始。(平成29年3月31日まで)
  9月29日~10月9日 第67回国民体育大会ぎふ清流国体開催。ファミリーパーク体育館、北西部体育館、北部体育館、岐阜市少年自然の家の施設を利用
  10月13日~15日 ぎふ清流大会開催。南部スポーツセンターの施設を利用
  10月21日 岐阜のつたえ話・三社ものがたり 発刊
  11月18日 ぎふサイエンスフェスティバル2012の開催(岐阜市教育委員会などとの共催)
平成25年 11月23日 ぎふサイエンスフェスティバル2013の開催(岐阜市教育委員会などとの共催)
平成26年 1月19日 ハートフルスクエアーG1000万人達成記念式典を開催
  2月 1日 こどもスマイルステーションの創設
  7月14日 アニメーション作品「三つのやしろの物語り」DVD制作の支援
  11月22日 ぎふサイエンスフェスティバル2014の開催(岐阜市教育委員会などとの共催)
  11月29日 岐阜市文芸祭50周年記念講演会の開催(ハートフルスクエアーG大研修室)、岐阜にゆかりのある作家紹介パネルなどの展示
平成27年 5月 5日 10年間のタイムカプセル開封式(岐阜県ユネスコ協会との共催)
  8月10日~15日 イングリッシュキャンプinGIFUの開催(岐阜市少年自然の家、岐阜市教育委員会との共催)
  10月10日~18日 第68回岐阜市美術展覧会をみんなの森ぎふメディアコスモスで開催
  11月21日 ぎふサイエンスフェスティバル2015の開催(岐阜市教育委員会などとの共催)

組織

定款

役員報酬規程

役員・評議員名簿

一般事業主行動計画

公益財団法人
岐阜市教育文化振興事業団
事務局

〒500-8245
岐阜市上川手735番地2

058-259-4646
058-259-4647

アクセス >