トップページ > 遺物展示室 > 下土居北門遺跡出土縄文土器1

埋蔵文化財調査事務所

遺物展示室

下土居北門遺跡出土縄文土器1

遺跡 下土居北門遺跡
場所 岐阜市下土居字北門
時代 縄文時代晩期
大きさ 口径17cm・胴部径29cm・高さ21cm(残存)
解説 縄文土器2と共に出土しました。胴部に対して口縁が小さい壺形の土器で、外面に文様はありません。縄文土器2と同様、胎土の厚さは1cmありません。土器棺の可能性がありますが、胴部に煤がついていることから、煮沸具として使用した後、転用したと考えられます。
SKitamon_01.jpg
 

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >