トップページ > 遺物展示室 > 正明寺城之前遺跡出土墨書土師器皿

埋蔵文化財調査事務所

遺物展示室

正明寺城之前遺跡出土墨書土師器皿

遺跡 正明寺城之前遺跡
場所 岐阜市下土居字正明寺
時代 戦国時代
大きさ 口径12cm
解説 屋敷地の境に造られる溝(区画溝)から出土しました。皿としては、この時代に出土する一般的なものですが、底部に墨で文字が書かれていることが注目できます。「妙永せん」と読むことができますが、文字の意味や、皿の使用目的は不明です。写真の他に「妙先」「十七日」などの文字が書かれた土師器皿が十数枚出土しています。
SShironomae_05.jpg
 

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >