トップページ > 遺物展示室 > 正明寺城之前遺跡出土柄杓(ひしゃく)

埋蔵文化財調査事務所

遺物展示室

正明寺城之前遺跡出土柄杓(ひしゃく)

遺跡 正明寺城之前遺跡
場所 岐阜市下土居字正明寺
時代 戦国時代
大きさ 口径11cm・高さ9cm
解説 屋敷地の境に造られる溝(区画溝)から出土しました。曲げ物で、側板に底板と柄が組み合わさることから柄杓だとわかりました。側板と底板はヒノキで製作されています。柄は容器内を横断するように付けられています。口径に対し、やや深めの形をしていますが、水などはそれほど多くの量は入らないようです。
SShironomae_04.jpg
 

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >