トップページ > 遺物展示室 > 正明寺城之前遺跡出土陶製狛犬

埋蔵文化財調査事務所

遺物展示室

正明寺城之前遺跡出土陶製狛犬

遺跡 正明寺城之前遺跡
場所 岐阜市下土居字正明寺
時代 戦国時代
大きさ 高さ32cm
解説 屋敷地の境に造られる溝(区画溝)から出土しました。15世紀の終わり頃に愛知県瀬戸地方で作られた焼き物です。中は中空で、接地部分以外に鉄釉が塗られています。大きく口を開けた「阿行(あぎょう)」で、飛び出した目、とがった耳、細かい毛並みの表現、三つ叉に分かれた尾など細部にわたり丁寧に作られています。神社などの宗教施設に奉納するために、特別に注文され、製作された物と考えられます。
SShironomae_01.jpg
 

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >