トップページ > 遺物展示室 > 鷺山市場遺跡出土銅鏡(どうきょう)

埋蔵文化財調査事務所

遺物展示室

鷺山市場遺跡出土銅鏡(どうきょう)

遺跡 鷺山市場遺跡
場所 岐阜市鷺山字市場
時代 平安~鎌倉時代
大きさ 直径12cm、厚さ1.5cm
解説
「瑞花鴛鴦五花鏡(ずいかえんおうごかきょう)」と呼ばれるものです。五弁の花のような形をしており、鏡背には瑞花(豊年の吉兆となる想像上の花)唐草文と鴛鴦(おしどり)が意匠されています。これらの文様は、12世紀前半頃に製作されたものと推測されています。
鏡は箱に納められ、意図的に埋められていたと考えられます。一緒に埋められていた焼きものは12世紀の終わりから13世紀初めのものです。
SIchiba_01_off.jpg
 

※写真の上にマウスカーソルをのせると、鴛鴦が強調されます。

埋蔵文化財調査事務所

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-10-1

058-241-8122
058-241-8273

アクセス >