トップページ > 岐阜市女性センター > お知らせ > 所長つうしん > ㉜「所長つうしん」統一地方選挙で感じたこと・・・

岐阜市女性センター - お知らせ

㉜「所長つうしん」統一地方選挙で感じたこと・・・

所長つうしん 2019年4月15日

統一地方選挙で感じたこと・・・

 先月、統一地方選挙が実施されました。結果として女性議員は少し増え、全国の市議会では
女性が約18%を占めることになりました。15-shokuba.gif岐阜市議会では女性議員が1増の6名となり、
占有率は約16%と全国平均を少し下回っています。しかし、女性候補は全員当選しました。

 人口比でいけば50%は女性議員がいても不思議ではありません。世界の国々はどうなって
いるのか調べますと、女性国会議員が50%を超えているのはルワンダとボリビアの2国、
40%を超えるのは北欧3国にメキシコ、キューバ、南アフリカなどを加えた
11ヵ国のみです。(平成29年12月1日現在)
日本は調査した193ヵ国中157位。先進国では断トツの下位です。また、50位までにはアジアの国は1ヵ国もありません。これは古来儀式、政に女人禁制を敷いてきた名残りのように感じます。

 今ではそのような縛りがどんどん解かれてきていますので、徐々に女性の政治進出が広がるものと思いますし、そうならなければいけないと思います。  

               ハートフルスクエアーG館長兼岐阜市女性センター所長 小川 洋史

 

  ◆昨年5月に「政治分野における男女共同参画推進法」が成立しました。

  ◆6月8日(土)に女性の政治参画に関わる講座を開催します。
   「三浦まりさんが語る 新しい時代 ~どう変わる?政治とわたし自身~」☜詳細は クリック!!

        20190608.jpg